大腸がんの初期症状を確認しておけば安心です

早期発見が大事です

自覚症状がないので早く見つけることが大切です

トップへ/簡単に行える便潜血検査
便潜血検査

便潜血検査は(大腸がんかどうかを調べる検査)です。 大便の中に血液が含まれていないかを調べる検査です。 出血していても採取した便に血液がついていない場合とか検査の仕方 次第では陰性になるときがあります。進行癌でも10%くらいは 陰性になり、早期癌では60%が陰性になるらしい。つまり見逃されて しまっているんです。たとえば陽性の場合はかなり大腸がんが進行して 出血してるということになるんです。

問題点は痔でも血液がついていると陽性になるときがあるということです。 大腸がんの初期症状時など 早期癌のときはかなりの確率で見逃されているということ。
大腸の専門病院なら精密な検査は大腸内視鏡検査ですから便潜血検査は 患者さんには進めることはありません。しかし便潜血検査が意味がない ということではありません 早期癌でも出血しているときもあるし 進行癌でも陽性になり手術して救われることもあるからです。

医者

結果として便潜血検査で陽性になったらすぐ精密検査をする必要が あります。先日私はお腹が痛いので病院に行きましたら血液検査で 白血球が16000という数値でしたので医師から「大腸に炎症が 起きていますね」ということで飲み薬をもらいましたが落ち着いた後 「念のために一度内視鏡検査をしておきましょう。」と大腸内視鏡検査を受け ました。大腸がんの場合、病院によりますでしょうがポリープなのか癌なのかどうかを検査するのに 大学病院などでは今時は信頼性のない便潜血検査はあまりしないのでしょうね。

       
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2