大腸がんは樹状細胞ワクチン療法で撲滅せよ。

大腸がんの樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞は大腸がんを攻撃する司令塔です

トップへ樹状細胞ワクチン療法
<免疫療法(がんワクチン療法)>

健康な人でも毎日がん細胞が5000コくらいは生まれているのですが、 本来人間にはごく自然に備わる免疫力で攻撃して消滅させています。 がん患者にはこの免疫力が低下していることからがんを攻撃してくれる 元になる細胞=樹状細胞を患者さんの体内から取り出して活性化し 増殖させてから元に戻す所謂、自然治癒力を高めていく方法ですから 副作用は少ないですし、 抗がん剤や放射線治療と同時に進めることが可能です。。

<樹状細胞とは> 木の枝のような手を多く持つ樹状細胞は自身でがんの目印を感じだし、 リンパ球にがん細胞に攻撃を指示する司令塔になる非常に重要な 機能を果たす細胞であることがわかってきたのです。
<樹状細胞ワクチン療法のメカニズム>

樹状細胞ワクチン療法とはこの樹状細胞の特性を生かした治療方法で 患者さんから血液中の細胞を取り出して人工的に樹状細胞へと発達させ増殖し がん細胞を覚えさせるのです。(樹状細胞ワクチンという) 樹状細胞ワクチンをまた患者さんの体内に戻してより多くの樹状細胞が がん細胞への攻撃を指示するので免疫反応が活発になるのです。
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2