大腸は第二の脳なのです

大腸がん 初期症状

自覚症状のない大腸がんは早く見つけることが大切です

トップへ腸は第二の脳です

腸は第二の脳 

腸には脳の神経伝達物質のセレトニンが存在


腸は第二の脳 

腸は第二の脳と言われております。 いくら食物繊維を多く含まれているものを食べていても 便秘で悩んでいるお方がいます。 腸が生き生きと働く為にはストレスや緊張が一番良くないといいます。 ストレスで腸の働きが悪くなりとまってしまいます。 腸は自律神経により動きがコントロールされていてゲラゲラ笑い ゆったりとしてリラックスしていれば活動が活発になるようです。 腸のストレスは現代人にとって非常に避けられないものなので しっかり対応策を知ることは大切なことです。食事、精神的ストレス、 運動不足、体内リズムの乱れを取り除くことは欠かせません。 腸は第二の脳という意味は 病気や事故などで脳死状態や脊髄をダメージを受けて植物人間になって いても腸は独自の動きをしていることです。 アメリカの神経生理学者のマイケル・D・ガーション医学博士の 研究によると「腸にも脳がある」と発見されたんです。 驚きの発表ですが脳の神経伝達物質の「セロトニン」が 腸にも見つけることができたのです。そして マイケルの研究によりなんと「セロトニン」の95%が作られている ところはは腸であることを発表したのです。 彼の著書「セカンド・ブレイン=第2の脳」のよると 進化の際に人間は脳と腸に別の感情を持つ脳を発達させてくれたのだ。 だから脳の指令がなくても動作できるのだそうです。

 最新情報1

今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2