大腸がん 初期症状を確認しておけば安心です

大腸がん 
初期症状

自覚症状がないので早く見つけることが大切です

トップへ/スーパードクター

大腸がんのスーパーDr

大腸がんのスーパーDr.工藤進英(くどうしんえい)医師


もしも自分や家族が大腸がんになったら、「名医と言われる ドクターに診てもらいたい」「有名で確実な診療実績のある病院で 治療を受けよう」と考えるのは、どなたも当然でしょう。

 このページでは、大腸がんの治療において日本を代表する名医と 言われている 「昭和大学横浜市北部病院消化器センター副院長 工藤進英先生」 に関する情報を紹介します。
  
<スーパードクター 工藤進英医師>
陥凹型(かんおうがた)大腸がんを世界で初めて見つけた天才医師工藤進英先生を ぜひ覚えておいていただきたいです。 若いころから増えていくであろう大腸がんにいち早く目をつけてどうせなら 多くの患者さんを助けたいという思いから、大腸がんの症状や治療方法に力を注いでみえました。 外科医の中でも神の目を持つと言われており、たった5分で大腸内視鏡検査で病変を確実に発見するという。 スーパードクターで、実績は13万件というから驚きます。横浜市北部病院の工藤医師によると現在がんの死亡率1位は 胃がんであるが大腸がんはどんどん増えており大腸癌の罹患率は非常に高く、 死亡率も高いです。21世紀中に男女とも多いが特に女性は胃がんを抜いてトップに なるといわれているそうです。

<実績その他>
 大腸ファイバ−スコ−プの権威として、日本だけでなく世界的に有名なスーパードクター(名医)です。  大腸がんは全てポリープからではないと証明し、世界で初めて陥凹型大腸がんを発見しました。  この陥凹型大腸がんについて、工藤先生の勤務する昭和大学横浜市北部病院では、世界で最も多い診断・治療  を行われています。  また陥凹(かんおう)型大腸がんを含め、側方発育型腫瘍、大きな早期大腸がんの「内視鏡的粘膜切除(EMR)」  や内視鏡的切開剥離(ESD)」を数多く行っており、特にEMRによる治療では世界一の施術数を誇っています。  NHKの [ためして がってん」やTBSテレビの「これが世界のスーパードクター10!」2009年4月28日に紹介され、「内視鏡ゴッドハンド」と  して更に有名になりました。
<2012年最新書籍の紹介>
増え続ける大腸がんについて詳しく症状や処置、手術後の看護 また現在主流の大腸内視鏡検査の検査データ20万以上の実例 そして世界初の陥凹型大腸がんを手がけた内視鏡の神様といえる 世界的名医の工藤進英の医学書は一見の価値あり

<工藤先生より>
ストレスが続くとと、免疫機能がかなり抑制されてしまい、 本来人体が持っている癌を殺す機能が弱ります。 ストレスを持ち続けないようご注意ください。
<その他>
●大腸がんの名医と言われているドクター
 山田一隆、大塚幸喜、加藤知行、大植雅之、赤池信、高橋慶一、五十嵐正広、光島徹、福永正氣  杉原健一、宮島伸宜、斎藤豊、志田晴彦、森武生、益子博幸、佐藤敏彦、森田隆幸
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2