大腸がんの症状と腹腔鏡手術について

大腸がんの症状

腹腔鏡手術が増えて開腹手術は減少しています。

トップへ/腹腔鏡手術について
腹腔鏡手術

2012年大腸がん治療実績から言えること

全国の640の医療機関から読売新聞がアンケートをとり、結果から言える ことは全体の約3割が腹腔鏡手術を行っていることがわかっています。 また腹腔鏡手術は2005年が30%に比べて2012年は94%とますます増加傾向といえます。 しかし内視鏡の操作が複雑なので医師の高度の技術が要求されます。 腹腔鏡手術のメリットは
  1. 出血が少なくてすむことと
  2. 患者が早く退院することができる。
このことから手術件数が多く、腹腔鏡手術の割合がより高い医療機関ほど 医師の技術レベルが高いと言えるでしょう。
腹腔鏡手術の件数が多い医療機関
医療機関名 手術件数合計 結腸がん 直腸がん 腹腔鏡手術
がん研有明 488 270 218 352
虎ノ門 363 210 153 353
大阪医大 403 211 192 374
昭和大横浜市北部 356 223 133 236
大阪市立総合 272 156 116 209
埼玉医大国際 286 186 100 197
県立静岡がんセンター 340 194 146 178
大阪警察 220 129 91 178
名古屋第2赤十字 233 180 53 162
順天堂大浦安 180 116 64 153
国立がん研究セ東 331 144 187 151
腹腔鏡手術
<患者にリスクの少ない腹腔鏡手術>

最近では機器の精度が大きく向上したので腸内の奥も鮮明な画像で映し出されるようになり 大腸がんの治療に大きく貢献しています。 日本内視鏡外科学会では技術認可医ホームページにけ掲載しています。 最も腹腔鏡手術に力を入れている医療機関は東京の虎ノ門病院で、大腸がんの 手術の97%を腹腔鏡手術で行っています。それだけ医師の技術も進んでいると 言えるでしょう。消化器外科部長の黒柳洋弥医師は排便や生殖機能に関係する神経に 近い直腸がんの手術でさえ腹腔鏡手術でおこなうと神経まで鮮明に映るので 開腹手術より精密にできるということです。

普通2センチ未満で腸内の粘膜内に留まるがんの場合は肛門に内視鏡を挿入して ワイヤに高周波電流で焼き切ることができるが、2センチ以上の場合は簡単には できないので「内視鏡的粘膜下層剥離術」という方法がとられるようになってきています。 粘膜下層に特殊な液体を入れて浮かせておき、電気メスで切除するのだが大腸の内壁は 傷つきやすいので要注意であるので高度な技術が求められます。
 最新情報1

今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2