大腸がんの原因を確認しておくことは重要です

大腸がんの原因

大腸がんの原因は熟知することが大切です

トップへ/大腸がんの原因

<大腸がんの原因について>

大腸がんの原因




大腸がんの原因、免疫力

毎日健康で元気ハツラツの人と残念ながら大腸がんに罹る人との 差は何だと思いますか?正解は本人の持つ免疫力の違いになるのです。 毎日体内ではどんな人でも癌の原因因子が数千個も発生するのですが 白血球、リンパ球などの免疫細胞の働きで退治してくれています。 だから発癌の心配もなく、心身ともに健康で生活できるのです。 ですから癌になりにくい身体を作る為には免疫力を強くすることに 注意することが重要なポイントなのです。
2012年1月5日に放送された、「たけしの人体科学スペシャル」によると 人は食事の後に食べ物の栄養を吸収してその食べかすが大便になると考えてきたが、 そうではなくて、分子レベルでみると体の細胞分子が食物の分子と入れ替わる機能が 腸内で起きており、入れかわった後に排出された分子が大便になるということでした。 体内で分子の入れ替わりが毎日行われているからその中でクラッシュ&ビルドを毎日繰り返す ことにより、ミステイクも引き起こすことになるらしい。 人の寿命が延びてきただけガンの発症するリスクが高くなってきたのであるというのです。 またアルコールはタンパク質を変性させる働きもあり、これもガンの原因らしいのです。

<大腸がんになる原因は免疫力の差!>


食べれない
癌に罹る原因は次の5項目が重要になるのです。 。
  1. 生活が不規則になっている。
  2. 仕事のストレスや家庭で疲労のたまる生活をしてないか?
  3. 普段タバコを吸いますか?
  4. 毎日の睡眠時間は充分とれているか?
  5. 日頃不規則な食生活をしていないか?また食べ物に気をつけているか?
がん細胞とは、ある日急にできるものではなく、ゆっくりジワジワと 何年間も経ってから発見され、そのときには大きく成長しています。 上の5項目で、自分に該当するものはありませんでしたか? 日頃の食事やストレスで免疫力が低下する生活をすれば、 本当はがん細胞は自分の体内の免疫力で退治できるはずですが 免疫細胞の監視の網の目をくぐって、活動して成長し、やがて 大腸がんへと成長するのです。

日頃の生活スタイルが大きく関係しているので大腸がんは 生活習慣病と言われているのです。では免疫力をどうやって 強くすればいいのかということを次の章で御紹介させていただきたいと 思います。 >>免疫力を強くする方法は<<

<大腸がんの予防について>





日本の国立がんセンターによると大腸がんの予防には
  1. .偏食をやめて栄養バランスを良くすること
  2. なるべく多種類の食品を食べること
  3. .腹八分目のして脂肪分を避けること
  4. 飲酒は適量にする(飲酒中のタバコは控える)
  5. .禁煙すること。(受動喫煙は危険)
  6. .ビタミンと食物繊維を食品から摂る。(自然の食品の中からしっかりとる)
  7. 塩辛いものは控えめに、熱いものは良く冷ますこと。
  8. 焦げ田ものは食べない。
  9. かびの生えたものを口にしないこと。(輸入ピーナッツやとうもろこしに要注意)
  10. 日に当たりすぎない
  11. .運動を生活に取り入れる(ストレスに注意)
  12. .清潔な体を心がける。
という12か条をあげております。
アスピリンは大腸癌の予防効果があることが証明されております。 その他に 国立国際医療センター研究所の溝上哲也先生によると カルシウムとビタミンDの摂取が世界中のがん予防の 報告文書には確実に効果ありと評価されているだけでなく、 1日700mg以上カルシウムを摂れば確実に大腸がんのリスクは 低下します。具体的には1日に200mlの牛乳を飲めば大腸がんの リスクは40%減少することがわかりました。 さらに日光に当たればビタミンDも摂ることができて なお一層カルシウムの吸収を助けて相乗効果で大腸がんの予防効果 を引き上げてくれます。
>>大腸がんの予防にはこれがおすすめ<<
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2