大腸がんの超早期治療の情報です

大腸がん 初期症状

大腸がんの最新情報は早く知ることが大切です

トップへ癌抑制遺伝子スイッチをONに
がん抑制遺伝子

<遺伝子スイッチを「ON オン」にしよう >


長寿の秘訣 遺伝子スイッチ

100歳以上の長寿の人の血液を調べてみたら ある遺伝子が多いことがわかったのです。 実際に100歳以上の方の生活習慣を聞くと 共通することがあります。
  1. 「腹八分目」
  2. 「一日30分以上歩くこと」
ということでした。実行したいものです。

人の身体には遺伝子スイッチというものがあり、 これがオンになってれば癌は未然に防止できるが、この遺伝子スイッチが オフ(さびる)と癌になるという考え方をするのが がん研究の権威である国立がん研究センター研究所 牛島俊和先生だ。
タバコの吸い過ぎや塩分の取り過ぎは遺伝子スイッチがさびるから駄目だ。
では一度さびた遺伝子スイッチを甦らすにはどうするか? 胃がんの場合は胃の粘膜を採取する。 粘膜のDNAからがん抑制遺伝子の状況を確認する。

アザシチジンが錆びついた遺伝子スイッチをオンにする
たとえ遺伝子が「オフ OFF」になってても、 がん抑制遺伝子をONにするアザシチジンという薬が オンにしてくれる。 2011年には骨髄異形成症候群の治療薬として認可された。 大腸がんにも応用が可能らしく、今までのポリープが 出来て内視鏡で切除する早期発見と比べて、できる前に 予想ができる大腸がんの超早期治療として非常に 期待ができるのです。
 
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト 簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2