大腸がんは自家がんワクチンで治そう。

大腸がんの自覚症状

自覚症状のない大腸がんは早く見つけることが大切です

トップへ自家がんワクチン
<自家がんワクチンについて >

がんは現在3人に一人と云われる罹患率ですが年間30万人ものお方ががんにより、 尊い命を亡くされていることをご存知でしょうか? 外科手術、放射線療法、化学療法などに次ぐ最新の癌治療方法として 免疫療法がありますが、自家がんワクチン療法についてのお話です。

自分だけのワクチン接種をすることでがんをやっつける画期的な免疫療法があります。
自家がんワクチン

その方法は がん患者本人から採取したがん細胞+免疫刺激剤から「自家がんワクチン」を 作り、これを5回皮下注射で投与するだけです。以前摘出したがん組織をホルマリンで固定されたものから 自家製のがんワクチンを作るのです。そうすると体の中でガンを攻撃してくれる 免疫ができるのです。 これは世界でたった一つの自分だけの マイオリジナルのワクチンなのです。 現在「樹状細胞ワクチン療法」といわれる治療方法が盛んにおこなわれています。
樹状細胞ワクチン療法について

<自家がんワクチンのメリット>

副作用がない。 注射したところがかゆくなったり赤くなるくらいです。 医療費が比較的安価であること。 続けて接種しなくても良いのでトータル的には低価格なのです。 入院しなくても良く外来治療で済みます。 接種スケジュールは2週間間隔で3回と前後の免疫テスト2回の 合計5回の注射で終わります。 6週間の治療で終わるのです。
<自家がんワクチンの効果と費用 >
癌の再発予防や転移を抑制させる効果があるだけでなく、初期の微小なガンを死滅する効果が 認められています。 臨床結果として延命効果などが認められているようです。 気になる費用はおよそ約150万〜200万円ほどかかります。 2013年3月時点で累積受診症例数が1800例を越えたようです。 最新情報1

今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2