陥凹型結腸がんの症状を確認しておけば安心です

大腸がん 初期症状

陥凹型結腸がんは早く見つけることが大切です

トップへ/陥凹型結腸がん

<陥凹型結腸がんは大腸がんの中で発見しにくいから恐ろしい>


陥凹型結腸がんの特徴

陥凹型結腸がんは、腸壁の内側の正常な粘膜が突然癌化し、 クレーターのようにくぼんで出来るので、便が通過しても、出血 することが少ないのが特徴です。

陥凹型結腸癌は、便に血が混じらないことが多く、健康診断での 潜血便検査では発見できません。人間ドックの検査で行う大腸バ リウム注腸二重撮像法(DCBE)でも、発見できないこと多いのです。 バリウムにより隆起した部分は明確になりますが、液面下にある 陥凹型大腸がんの場合は隠れてしまいます。 このがんは、内視鏡検査で初めて見つかることが多いのです。 お腹のはりの症状、実はがん細胞の増殖で腸管が狭くなりガスが たまっていたためのものです。 下腹部のキリキリするような痛みも、増殖した癌によって結腸が 圧迫され、便が通りにくくなったため生じたものです。 最終警告の嘔吐は、肥大化したがんが原因で、腸に大量の消化物 がたまり生じました。 この癌は、隆起型の大腸癌に比べ、進行が早く肝臓など他の臓器 に転移しやすいことが恐ろしい点です。帰らぬ人となってしまう 場合もあります。 腸の内視鏡検査は、大腸内をきれいにしてから検査を行う必要が あり、下剤などを2時間程度かけて飲み、頻繁にトイレに行って から行うため半日程度時間を要します。 大腸内を十分に洗浄しないと陥凹型大腸がんを見過ごすことも あり大切なことです。 しかし、怖い陥凹型結腸癌などを早期に発見するためには検査を 心がけたいものです。



最新情報


今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2