カプセル型内視鏡

大腸がんの症状

カプセル型内視鏡は自覚症状のない大腸がんを早く見つけることが可能です

トップへ/カプセル型内視鏡

内視鏡検査にカプセル型内視鏡

<カプセル型内視鏡について>

入院
長野に本社がある株式会社アールエフはカプセル型内視鏡を 制作している会社で有名です。 直径9ミリ 長さ23ミリのカプセルを患者さんに水で 飲み込んでもらうだけです。あとは二重構造に制作されている カプセルの内臓カメラが 自分で回転しながら、腸内部を切り開くように画像を撮影して 体外へと撮影した画像を伝送するシステムです。

内視鏡カメラはまだ大きくて飲むのが辛いけれど このカプセル型内視鏡なら検査も楽々である。 その機能は腸内画像を1秒間に30枚撮影可能で、消化管全体で 約87万枚(8時間使用のときで)分の動画データが映し出される。 これで自分の腸内マップとして保存できるので40歳を 過ぎたら毎年カプセルを飲めば確実に病変を発見できる。
小腸内部は「暗黒の臓器」と呼ばれており、今まで内部を検査することが難しかったが、 その小腸を何とかして検査できないか?として開発されたのがカプセル内視鏡です。 まずは、小腸用を製品化し、その先に大腸用も開発していくらしいです。

最新情報1


今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2