カレーは大腸がんを予防したり抑制します。

大腸がんの症状

大腸がんはカレーで抑えることができます

トップへカレーでがんの予防

カレーのがん抑制効果について



カレーのクルクミンにがん抑制効果あり

カレー粉の黄色いスパイスにはウコン(英語ではターメリック)が含まれるが  ウコンの主成分のクルクミンには、ガンを攻撃する能力があることが知られています。 科学者は、抗がん作用をはるかにパワーアップした新しく人工的に2つのクルクミンの 合成バージョンを作成しています。 クルクミンには、がん腫瘍の発症や成長を抑えるする作用があります。 実際、マウスやラットにあらかじめ発がん物質を与えておき、食餌に0,2%のクルクミンを添加した ところ、大腸癌の発症が確実に減少した報告があるんです。 カレー粉には、何種類もの香辛料が含まれております。そのためカレーの効果はつぎのように 3つあります。



  1. がんの発症を防ぎ進行を抑える。
  2. 素肌の老化防止効果
  3. 肥満を抑える効果
カレーライス
特にがんについては研究が進んでおり、がんの予防・抑制する効果があります。 とくに重要な働きをするのは色素成分「クルクミン」で 炒めると一層浸透されて、吸収が良くなります。だから野菜を炒めながらカレー粉を 加えるのがコツのようです。

さらにカレーの癌抑制効果を高めるのには


さらにカレー粉で炒めた野菜とぜひ一緒に食べて欲しいのが 納豆やヨーグルトなどの発酵食品です。どうしてかというと乳酸菌が含まれており、 カレー粉に出会うとクルクミンの効果が非常に強くなり「テトラヒドロクルクミン」に 化学変化しますのでさらにがんの抑制効果が一層高まるのでさらに効果が期待できます。 使う野菜はと言うと特にがんの毒素を摘みとってくれる野菜は カリフラワー・キャベツ・ブロッコリー・カブがよいです。

そのほか、腸に良い食べ物はこちら
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2