結腸がんの症状

結腸がん

結腸がんの症状は早く見つけることが大切です

トップへ/結腸がん

結腸がんの症状について

大腸がんー結腸がんは4種類ある(部位別発症率)



結腸というと上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸と区別できるのですが 大腸の始まりからみても大腸内径が一番大きくて水分も多く含まれているので どちらかというと便はスムーズに流れやすいところですから便通が悪くなる ことも少ないのです。ところがいったん癌ができるとおなかには「しこり」 ができることがあり(腹部腫瘤)それがもとで大出血を起こし、貧血状態に なってしまい、倒れてしまいます。
大腸がんの種類


大腸がん-S状結腸がんが一番発症率が高い


酷く疲れるようになり、普段とは違う疲れ方に「これはいかん!おかしいぞ!」と 気が付くことと思います。癌の進行が進むに連れて激しい腹部の痛みに 悩まされます。腸の内部を癌細胞がせき止めてしまい便が止まってしまい そこへ大便を出そうとして力一杯力むのです。
そんなことをしたらその勢いで腸内に圧力が加わり激しく痛む元になるのです。 常に腹が突っ張りいつもお腹が張ってしまいます。 結腸のなかでもS字結腸癌は細いS字結腸に出来ますので便が細くなるし、 便通が悪くなり、下痢や腸閉塞を引き起こしやすいのです。 直腸のすぐ隣がS字結腸なので症状も直腸がんのように潜血が大便に 付着します。
上の図は各場所ごとの発生割合を表したものですが「S状結腸」や「直腸がん」 の割合が一番多く発生しております。絵を見てもわかるように詰まりやすいところ が発症しすいと言えるでしょう。
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2