大腸がんのメカニズム

大腸がんのメカニズム

大腸がんの発症メカニズムは細胞からとポリープからの2つに分類されます。

トップへ大腸がんのメカニズム

 大腸がんが発症するメカニズム

 

大腸がんのメカニズムは2つのパターンで起こる



大腸がんが発症するメカニズムは大まかに以下の2つの考え方があります。
  1. 元々良性のポリープが何らかの発がん因子を受けて、腺腫が癌に変異する考え方
  2. 正常な細胞が発がん因子や刺激を受けて、直接癌に変化する考えで
      デノボ癌(de novo)と言われます。 de novoは「新規の、新しく」という意味です。

「癌の発症に関わる遺伝子について」

近年、癌の研究が進むにつれて、がん発症のメカニズムが解明されてきています。 私たちの体内には元々正常な細胞の中に潜んでいて、癌を進行させる「がん遺伝子」と、 真逆の働きをする「がん抑制遺伝子」が存在します。

<がん遺伝子とは>

がん遺伝子は刺激や傷が原因で細胞増殖や細胞分裂に欠かせない正常な遺伝子が プロトがん遺伝子からがん遺伝子に変成してしまうと考えられています。

<がん抑制遺伝子とは>

その反対に正常な細胞が癌に変身するのを抑えてくれる機能をもつがん抑制遺伝子も発見されています。 しかし外的要因や突然変異でがん抑制遺伝子が減少してしまうと、がん抑制効果がなくなり、 癌細胞が増殖してしまいます。 実際に大腸がんには、がん抑制遺伝子が欠落しているのが確認されています。

そのほか、大腸がんの症状についてはこちら
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2