老化する大腸のことも確認

大腸がんの症状

大腸が年を取ると老化する

トップへ/大腸の老化
老化する大腸


<大腸も年をとると老化する>
加齢とともに身体は次第に衰えていきますが、腸の機能も 年をとると腸の動き自体が鈍くなります。これは腸管運動 とも言われ大便を押し出す力が減少して腸内環境を乱し、 出ても細長い大便(老人性さい便)となりまだ腸内に便が 残っている感覚がしてすっきりしません。 事実こうして大腸内に腐敗物が残存するので便の臭いが 非常に臭くなってしまうのです。 また腹圧が弱くなるとお腹が大きくなり内臓が垂れ下がったりします。 原因として内臓脂肪が多くつき過ぎてたり、普段から座る時間が長いの生活 などが考えられます。 腸の運動が弱ると排便の量が減り、腸内で腐敗物質つまり、悪玉菌が 繁殖していきます。現在は40代以上の働き盛りのサラリーマンが 不規則な食事や寝不足、偏りがちな栄養バランスなどから大便の臭いが 悪臭をもたらす様で若くても腸年齢はかなり老化していると言われております。 本来は悪玉菌が10%、善玉菌が20%、あとはどちらにも成りうる日和見菌が 残り80%です。年齢が増すと腸内の環境は細菌のバランスが崩れていきます。

老化対策は腸トレがおすすめです

腸を普段からトレーニングというと何だかとても大変なつらいイメージを浮かべるかもしれませんが そんなことはありません。 毎日生きている乳酸菌を腸に送り続けることが善玉菌を増やして腸内の環境を良好に保つ秘訣なんです。 私たちの体は腸内には約100兆個もの細菌が存在しており、悪玉菌と善玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の 3種類ありますが乳酸菌を飲み続けると腸内の環境がきちんとバランスが保たれて腸の働きが元気よく動きますから 健康維持にお役にたつ訳です。
>>腸トレについて詳しく知りたい方はこちらから<<
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2