大腸がんの生存率について

生存率について

大腸がんの生存率はがん進行度により違います

トップへ生存率について

大腸がん 生存率について


大腸がんの生存率は各ステージで違いあり



医者

がんの中でも死亡する人が増えている大腸がんですがやはり進行度 によって生存率が違います。胃がん肺がんなど他のがんに比べてみると 生存率が良いのは大腸がんのステージ0やデュークスAの場合でほぼ 100%完治できるのです。早期発見をするためにも40歳を過ぎたら 日ごろから健康診断には進んで受けるようにしていただく方がいいんです。



若いと思ってついおろそかにしがちなんですが怠ると進行がんになってから 見つかった場合は生存率が極端に落ちます。大腸がんの場合もやはり は5年生存率でみるとstage 4で10%〜16%、デュークスDになると 25%で非常に危険な状況です。このような事態になる前に普段から食生活や 適度の運動することなど健康にはお互いに気をつけたいものです。 大腸内壁で留まっているのがステージ0です。この場合は他の臓器やリンパ節に 転移することが出来ないから5年生存率は100%です。後はステージが進むに 従い生存率が落ちていきステージWでは10%台になってしまいます。

そのほか、大腸がんの症状についてはこちら
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2