大腸がん予防は宿便を出すこと

大腸がん初期症状

自覚症状のない大腸がんは早く見つけることが大切です

トップへ宿便を出そう

宿便を出すと腸の働きが活発になる


<腸内環境を改善することが大腸がんの予防>

大腸内部で悪玉菌が増殖すると腸内の細菌バランスが乱れ大腸ガンを引き起こす
 
便秘を仕方がないと軽く考えていると、大腸内部の細菌バランスに異変を きたして悪玉菌が増殖します。 大腸内部の腸内環境は100種類もの腸内細菌が定住しており、 胃や小腸で消化後の残りカスが細菌のエサになります。ビフィズス菌などの 善玉菌と、下痢や腹痛など食中毒の元になる大腸菌やウエルシュ菌などの 悪玉菌が共存していて、健康な人なら善玉菌が過半数を占めており、 慢性的な便秘が長引くと悪玉菌に占領されてしまいます。
また牛肉、豚肉又は、加工肉などの脂肪を多く摂ると胆汁酸がたくさん出ますが、 悪玉菌に負けてしまいやすい腸内環境では腸の壁に炎症を起こして大腸がんの 発症リスクが上がるのです。  
「断食で宿便を出す」 便秘や宿便は酷いと大腸がんの症状に発展するリスクが大きいので 自分で腸内をカラにして腸の働きを正常になるように断食がお勧めです。
学校や仕事に行くときは無理でしょうが休日を使って プチ断食や週末断食をやってみませんか? 12時間や16時間など時間を決めて断食するのです。 粉ミルクを100gを300ccのお湯で溶かして 1日3食続けると下痢をしますが、今まで貯まった宿便が 乳糖の働きできれいに排出されます。
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト 簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2