二次胆汁酸が大腸がんの症状を引き起こす

大腸がんの症状

胆汁酸が大腸がんの発症原因に

トップへ/二次胆汁酸で大腸がんに

<大腸がんの症状を引き起こす胆汁酸について>


脂肪を分解する胆汁酸が大腸がんの発症原因に

通常、便秘などで食べ物がうまく消化できなくて大腸内で長く留まるとウェルシュ菌や大腸菌等の悪玉菌が増殖していきます。

胆嚢
牛肉や豚肉などの動物性脂肪を食べると脂肪の分解や吸収には胆嚢(胆嚢は肝臓の下にくっついている袋状の臓器) が働いて胆汁酸(一次胆汁酸)が分泌されます。 腸内細菌のバランスが悪玉菌が多くなれば、一次胆汁酸は悪玉菌により、 二次胆汁酸(デオキシコール酸など)へと変化してこれが大腸がんを引き起こすきっかけにもなるのです。 また、悪玉菌は腸内のタンパク質を食べて発癌物質のフェノール、硫化水素、アミンなどたくさんの有害物を吐き出します。 また、インドールやスカトールはものすごく臭いおならの原因と言われますのでそういうお方は 腸内環境を善玉菌が増えるように気をつけた方が良いでしょう。

今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2