大腸がん の予防にプチ断食

大腸がん初期症状

空腹は大腸の働きを良くします

トップへ/プチ断食で大腸がんの予防

<プチ断食で大腸がんの予防しよう>


<お腹をグーグー泣かせることがポイント>

プチ断食で大腸がんの予防 一日中食べない断食ではなくて、3食の内の1食を抜いて 2食にするとか野菜ジュースを1食1本という風に決めて行う最近 流行している健康法の一つです。
プチ断食の効果は快便になることです。 良く聞く言葉が宿便なのですが、本来大腸の内部というのは、 便がこびり付くことはない。便は本来、すべて大腸内壁から剥がれてきて 大腸の中はきれいなピンク色になっているようです。
私たちの身体はお腹が空くと「グー、グー 」と鳴りますね。 これはどんな現象かといいますと、胃腸が消化しきれてていないものなど 残りカスを外(肛門に)へ追いだそうとする働きで、「空腹期強収縮」と呼ばれています。 留まっていた古い宿便もこの働きにより、排便されます。 空腹期強収縮は普通食後7時間後に起こると言われていますので例えば夕飯を 18時に食べれたら、翌朝の6時に朝食を食べても12時間も経過しているので大丈夫なのです。 それと快便に関係する言葉に食事を摂った後の「胃・大腸反射」と呼ばれる 大腸内部の蠕動運動があります。これは朝食後の快便にとても効果があります。
最新情報1

今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2