大腸がん 初期症状を確認しておけば安心です

大腸がん初期症状

自覚症状のない大腸がんは早く見つけることが大切です

トップへ/乳酸菌ヨーグルト

<大腸の腸内環境を整えるために>


<善玉菌と悪玉菌の共存バランスが重要>


腸の中でにはいろんな細菌が存在するわけですが常在腸内共生菌と言われます。 その種類は1000種類もあるんです。そしてその数は なんと100兆個にもなるそうです。そして腸内細菌では 善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)というものが あって善玉菌は文字どおり体内では消化吸収を助けたり 病原菌に対する抵抗力を持つもので「ビフィズス菌」 「アシドフィルス菌」「ガセリ菌」などです。一方悪玉菌は 「大腸菌」「ウェルシュ菌」「ブドウ球菌」という腐敗菌 となります。日和見菌は善玉と悪玉のどちらか多いほうに 味方しますので腸内環境によってその性質が変わるんです。 乳酸菌はヨーグルトに含まれており、これが善玉菌なので ヨーグルトを食べるということは善玉菌を増やすことに なりますので日和見菌も善玉菌の味方をすることに なるのです。

<プロバイオティクスヨーグルトが腸に届く>

最近プロバイオティクスヨーグルトという言葉を聞きますがどう違うか わかりますか?いくら体に良い乳酸菌を食べても胃には胃液、胆汁という 強い酸性の中で死滅してしまうと腸の中まで到達できません。 プロバイオティクスとは有胞子性乳酸菌と言われていて、強酸性の条件下で 死滅せずに通過して腸にまで到達して発芽するといういわゆる丈夫な殻に 包まれている乳酸菌のことなのである。現在スーパーで良く見かける
<大腸まで99%確実に生きた状態で届く C-3102株> いくら乳製品を食べても胃酸や胆汁酸の働きで乳酸菌はほとんどが死滅してしまいますが、 この乳酸菌(バチルス・サブチルス C-3102株)は特殊な殻を持つので99%大腸に生きたまま 大腸に到達します。

<乳酸菌は継続が大事>

食物繊維やオリゴ糖を分解すると酢酸や乳酸ができて これらが腸の働きを活発にしてくれるので便通も良くなります。 毎日ヨーグルトを100グラムを食べるように心がけると 便秘もなく快調な腸内環境を保つことになるでしょう。 そういう訳で腸内環境を良くするためにもヨーグルトはオススメですね。 実際に毎日100グラムのヨーグルトを1週間食べ続けると下記のように 善玉菌が2倍増えて腸内環境を良くしてくれます。
でもヨーグルトは食べるとすぐに効果がある反面、途中でやめてしまうと 効き目がなくなり、腸内環境が元通りに戻りますから毎日欠かさずに 食べないと効果が持続しないものなのです。
またヨーグルトにあるものを入れて混ぜて食べると吸収も良くなり、 乳酸菌を増やすことができます。 >>お勧めのヨーグルトの食べ方<<はこちらを ご参照ください。 ヨーグルト効果 >>腸に良いヨーグルトはここから見れます<<

<腸内環境をベストな状態にしよう>

腸内環境を整えることが大切なことは充分お分かりのことと思います。 食べるものに注意すれば大腸内部の細菌は善玉菌が 増えて健康な状態を維持できることでしょう。 食生活に気をつけるのが第一とすれば第二に大切なのは運動することです。 女性 食生活と運動が両立できてこそ健康維持と病気予防になります。 まずは簡単に歩くことが誰にでも出来る運動ですね。 なぜ運動が重要かというと腹筋や腹圧を鍛えられるからです。 腹圧が弱体化してしまうと腸の活動を阻害してしまい、大便を 排出する力が衰えてしまうのです。体内に大便が残りやすくなり、 腸内環境が悪化してしまいやすいのです。 快適な快腸生活を心がけることが大腸がん予防にはなくてはなりませんが そして第三の要注意事項は「ストレスゼロ」をめざすことですね。 ストレスは活性酸素を発生させ、遺伝子を傷つけ、大腸がんを成長させてしまいます。 気をつけていただきたいものです。
今おすすめです
プチ断食で大腸がん予防 腸内環境をよくする乳酸菌ヨーグルト
簡単に行える便潜血検査 大腸がんの治療 大腸がんの検査 メニューボタン1
メニューボタン2